PO's Factoryブログ



CALENDAR カレンダー
* 赤字は休業日です。

2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
2024年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

オンラインショップ
ページメニュー
お支払い/郵送方法について facebook instagram
  • ガン体質になる要因とは!?

    癌の死亡者数は 昭和のバブル期からすると うなぎの上りに増えています。

    1971年 5万人

    1981年 16万6000人

    2001年 30万4000人

    2011年 40万人

    2016年 100万人

    2020年 160万人

     

     

     

    今ではガン患者が2人に1人の現状

     

    公式な見解では:

    ほとんどのがんは発生の原因がわかっていないため、 確実に効果のある治療法が確立されておらず、日々新たな治療が開発されています。

    標準診療は大きく分けて3つ

    1.手術

    2.放射線

    3.化学療法

    国が推進していることは2つあります。

    1つは がん教育・普及活動 → 全国の小中学校・高校で教育推進

    もう一つは 早期発見 → がん検診受診率向上のために企業と連携

     

    これは言葉を変えて言うと

    ガンになったら病院に行き、薬に頼りましょう」と

    言っているのと同じですね。

     

    私達の気が付かないうちに、

    発がん病院3パターンの中からどの治療にするのかの選択一生涯、薬に頼る生活

    サイクルが確立されてしまっている!?ように感じす。

    しかもそのサイクルの思考パターンを小学校からすりこみ教育されようとしているのです。

     

    戦前までガンは、そこまでクローズアップされた病気ではなかったはずです。

    ただが50年の間になぜガンは30倍以上の発生率になってしまったのか!?

    原因は何処にあるのか!?

    まずはそこから掘り下げてゆく必要あるのではないでしょうか?

     

    公開日:2021年07月15日
ページトップへ